10のポイント初回_茶

【第1回】よし、ランニングを始めよう!とその前に。

2019.5.2 0

ランニングって、ただ走るだけなの実際に始めてみるといろんなところで疑問が出てきたり、今のやり方があっているのか不安になったりするんですよね。

小学校の時にかけっことかしていた時は、何も考えずに走っていたのに、大人になって改めてランニングやジョギングを始めるとどうして色々考えてしまうんだろうって思ってしまいます。

実際に日々の練習の仕方によっては、膝が痛くなったり、腰が痛くなったりする危険性もあります。

そして、マラソン大会にエントリーするとできるだけいい記録を出したいという気持ちが生まれてきます。
たとえエントリーした大会が10kmやハーフでも完走したい、途中で歩きたくない、できるだけいい記録を出したいという気持ちは同じですよね。

スポーツエントリーではこれまで、会員様からのランニング練習についての質問には、個別に専門家のアドバイス等をお伝えすることがありました。

これまでのQ&Aを改めて見返すとランニング練習やマラソン大会までの練習をする時に共通で知っておきたいポイントがあると思います。
そこで、マラソン大会までの練習や怪我なくランニングを続けるために大切なポイントをご紹介してまいります。
初心者の方が躓きやすいポイントなどを分かりやすいようにしているのでもしかしたら「もう知ってるよ」とか「どこかで見たような」と感じることがあるかもしれないですね。

ただ、内容は一流のアスリートや専門家に聞いたことを元にしています。

きっとベテランの方にも参考になるところがあると思います。
下記のプログラムで毎週1回、ご紹介を行ってまいります。

【第2回】ランニング練習をする時に躓きやすいポイントとは
【第3回】ランニングを始めて数ヶ月から1年程度の方はどんな練習がいいの?
【第4回】美しい姿勢で走ることは、見た目だけでなく疲れにくい走りにつながります
【第5回】マラソン練習・ランニング練習にぜひ取り入れたいウォーキングの意味とは
【第6回】ウォーキングは日常生活に取り入れることができるのがいいところ
【第7回】ランニングフォームはとっても大切
【第8回】ランニングで大切な着地について
【第9回】長時間走ると、足の下、側面にマメができるのはシューズが合っていない可能性大
【第10回】フルやハーフマラソンでも途中で歩いてしまう。一度でいいので完走したい

それでは、次回の更新をお楽しみに!

マラソン大会の検索はこちら