DSCN3967

【4.12募集開始!】TOKYOウオーク

2019.4.12 0

4/12(金)から募集を開始した「TOKYOウオーク」。
東京都内で年5回初夏~晩秋にかけて開催されており、各回約4,000人の参加者が集まる都内屈指の人気ウォーキング大会についてご紹介します。
 

TOKYOウオークってどんな大会?

今年で開催10周年を迎えるウォーキング大会。
5大会皆勤で完歩された方には金メダルと特製バッジが贈呈されます。
その年によってエリアやコースが変わるので、歩きながら東京の様々な面を見られるのがTOKYOウオークの醍醐味!

2019年は

  • 第1回 6/8(土)開催:新宿・文京エリア(会場:新宿中央公園)
  • 第2回 9/14(土)開催:三鷹・府中・調布エリア(会場:武蔵野の森公園)
  • 第3回 10/5(土)開催:多摩・日野エリア(会場:多摩中央公園)
  • 第4回 11/9(土)開催:東大和・小平・東村山エリア(会場:東大和南公園)
  • 第5回 12/5(土)開催:板橋・北エリア(会場:赤塚公園)

の5エリアで開催されます。
 

大会の様子

健脚向けの20kmコース・しっかり歩きたい方向けの12kmコース・ファミリーでも気軽に参加できる8kmコースに分かれており、当日配布されたマップを持ってコース上を散策します。

将棋会館に隣接し、有名棋士も参拝する鳩森八幡宮にお参り。怪我無く無事にゴールまで歩ききれるようお祈りしました(-人-)
[2016年 第1回大会ガイドウオーク]

都心のど真ん中に聳え立つ立派なお寺に驚きながら寺社巡りをしたり
[2017年 第1回大会]

アカデミックな雰囲気の学園都市を歩くと、まるで学生時代に戻ったような気分に♪
[2018年 第1回大会]

新緑の大都会の中を歩くときもあれば写真映えする鮮やかな紅葉に囲まれたりと、回を追うにつれて季節が移り替わるのを実感することができます。
[2017年 第1回大会]

[2017年 第5回大会]

また、TOKYOウオークでは“ガイドウオーク”、“ネイチャーウオーク”、“こどもとウオーク”といった特別コースも設けられていてガイドスタッフさんと一緒に歩きながら都内の歴史的建造物や著名人にゆかりのある場所について教えていただいたり、小さなお子さんとクイズを楽しむことができます。
私が参加した2016年第1回大会のガイドウオークでは、江戸時代に整備された上水路の名残が残るスポットや国立能楽堂、鉛筆の製造所の跡地を巡りながら色々なお話を伺うことができました。

途中で美味しいおやつに巡り会えるのもウォーキングならでは!
偶然見つけたアイス屋さんはかわいらしい外観を楽しむだけにとどまりましたが、美味しいカレーパンをいただいたり、八百屋さんで新鮮なお野菜をゲットしたりと思わぬところで新たな出会いがありました。
[2016年 第1回ガイドウオーク]

[2018年 第3回]
※他の歩行者の邪魔にならないよう路上での食べ歩きはせず、ゴミはおうちに持ち帰りましょう。

[2018年 第1回]

ゴール後の会場内はブースを見て回ったり、記念撮影をしている人たちで大賑わい。

ウォーキングやマラソンの際のお役立ちアイテムも会場内で販売しています。

会場によっては近くの施設を見学することもできます。
過去には防災体験学習施設にお邪魔したこともありました。


[2018年 第3回]
さまざまなバリエーションの非常食を置いている売店もあり、有事に備えていくつか購入したものの「非常食って美味しく食べられるものなの?」という点が気になってしまい、早々に食べ尽くしてしまったのはここだけのお話。(とても美味しかったです)
 

参考情報

アクセス

各会場最寄駅から徒歩10分以内と好アクセス。
会場近くには誘導スタッフさんがいるので、もし心配になったときは声を掛けたら道のりを教えていただけます。

参加賞

会場で協賛企業さんからのプレゼントをいただけるのですが、これだけで参加費の元が取れてしまうのではないか!?というくらい毎回豪華!
いつもありがとうございます。

服装・持ち物

  • リュック
  •  両手が自由に動かせるリュックが便利!
     歩くとのどが渇いてくるのでいつでも飲み物を取り出せるよう、サイドポケットに水筒やペットボトルが入れられるタイプが使いやすいです。

  • 帽子
  •  熱中症防止や頭皮の日焼け対策のためにしっかり被りましょう。

  • 日焼け止め・アームカバー
  •  少し歩いた程度のつもりでいても、意外としっかり日焼けするので日焼け止めやアームカバーも持っていると便利ですよ。

  • 雨具
  •  多くの人が参加する大会なので、人にぶつかって怪我をさせてしまわないよう傘ではなく雨合羽やポンチョを使用しましょう。
     ※以前、雨に見舞われた大会で合羽を着て参加していたら前を歩いていた人の傘が強風であおられて顔に盛大に雨水がかかったという苦い記憶があるので、個人的にも雨合羽・ポンチョの使用を強く推奨いたします!

  • その他
  •  山あいで開催されるイベントと違い主に市街地を巡るコース設定なので、普段着に近い服装の方の割合もほかのウォーキング大会より多く「ちょっと街歩きしてみよう」という気軽な気持ちで参加できます。
     ただ、特に小さいお子さんなどはうっかり転んだ時に擦り剥いたりしないよう、なるべくズボンのような動きやすい服装でのご参加がおすすめです。

    2019年のキックオフとなる第1回大会は5/20(月)までの受付!
    ぜひご家族やお友達と一緒に参加してみてはいかがでしょうか?