第15回 諸塚クロスカントリー大会 – 大会の魅力 –(大会レポ)

  • 公開日:2018.4.26 0

<2018年4月22日(日)大会が開催されました!>

天気は晴天。とても気持ちのよい朝でした。

さあ!今回は、クロスカントリーに初挑戦!!
どんな冒険&出会い&魅力が、私たちを待っているのでしょうか?!
それでは、今回も元気にレポートまいりま~す!

大会情報はこちら

さて、当日は、6時に宮崎市内の自宅を出発し、諸塚村を目指します。
早起きに、気持ちのよい天気に気分は上がり、車の中でも1人熱唱しながら軽快に進みました♪

途中、体を張ってレポート隊長でもある、頼れる上司あさよし所長と合流。
いろんな話に花を咲かせながら、会場を目指します。
日向市内から約60分と聞いていたので、どれだけ遠いのかと少々不安でしたが、車内でいろんな話をしていると、あっ!と言う間に諸塚村。
とっても自然豊かで、風景にも癒されながら、坂道を車で登り~登り~登り~登り~、9時前に会場に到着です。

受付です。

開会式です。

開会式では、遠来賞の発表もありました。
今年の遠来賞受賞者は、なんと、長崎県からの参加!県外からの参加者も多いようでした。

会場の雰囲気です。

小学生、中学生、高校生も多くいました。
表彰には、各1~3位、遠来賞の他、最高齢賞、親子賞もあります。親子での参加も楽しい時間を過ごせそうですね!

受付、開会式を終え、事務局の中本様に、ご挨拶することもできました。
「頑張ります!」と決意表明をし、スタートに備えます。

かどがわ健康ロードレース大会で参加者インタビューさせていただいた(詳しくはこちら)、佐賀県のかずちゃんも、この諸塚クロスカントリーで私たちと同じ5kmに参加されると聞いていたので、スタート前に、キョロキョロしながら探していました。(決して、不審者ではありません。)

スタート前に、かずちゃんを発見!!よかったぁ~!会えました!
(分かるかな?と思っていたのですが、意外とすぐに気付いたので、自分たちでもびっくりしました。)
かずちゃんも、私たちのことを覚えていてくださったので、嬉しかったです(^^)ありがとうございます。
かずちゃんの目標は、20分とのこと。1キロ4分ペースです。さすがです。ゴール後にまたお会いすることを約束し、スタートラインに立ちました。

いざスタート!!
坂道を駆け上がります。(初めは元気に…)

坂を曲がれば、すぐに野山に入ります。

私の大好きなト○ロに会えるのではないだろうか?!と思う魅力的な自然林の中を走り抜けます。

冒頭でも述べましたが、私は、クロスカントリー大会の出場は初めて。
不安もありましたが、「楽しむぞ!」と、ワクワク、ドキドキしながら走りました。

それにしても、みなさん速い…。
どんどん離されていきます…。

登った後は、クネクネと降りながら、走り続けると、またもや絶景!!諸塚村を一望できます。そして、自分のいる高さを実感しました。

1周2kmの周回コース。
2周目に入るときには、スタッフの皆さん、選手の皆さん、応援の皆さんが、「頑張れ!あと少し!!」と、声をかけてくれました。
既にゴールしていたかずちゃんも、「ゴールで待ってますよ~!!」と、声をかけてくれました。

2周目突入!!の前に、給水所でしっかり水分補給。
天気がよいので、とっても汗をかいてました。

2周目は、道のりが分かっているので、少し安心して走れました。
1周目よりも軽快に走れていたようです。

走ってる途中、飛行機空を発見!!

残り1kmと500mは、看板で知らせてくれます。

それぞれを通過するたびに、嬉しくなり、少しずつ元気になります。

くだってくだって、ゴール!!
初めてのクロスカントリーが終了です。

かずちゃんも、私たちがゴールするまで、待っていてくれました。ありがとうございました。
ゴール後は、今回もかずちゃんに色々とお話を聞かせていただきました。

かずちゃんのタイムは、なんと、19分42秒で、見事、目標達成していました!総合3位。部門別2位。おめでとうございます!
佐賀県から来ているかずちゃんは、大会前日に諸塚村に来られたとのこと。6時間ほどかかったとのことで、脱帽でした。

かずちゃんは、毎日10km~15kmほど走っていて、クロスカントリーのトレーニングが多いとのことです。
他にもクロスカントリーには出場されているようですが、「このコースは、あんまりない!キツくて、面白い!」と言っていたのが、とても印象的でした。

クロスカントリー初出場の私は他のコースと比較することができませんでしたが、かずちゃんのインタビューで、諸塚クロスカントリーが、いかに厳しいコースかを知りました。そして、どうやら出場選手のレベルも上がっているようで、過去の大会より結果が速いようでした。
しかし、その厳しいコースも、レベルの高いタイムも、楽しい!と思える大会だからこそ、この諸塚クロスカントリー大会には、かずちゃんを含め、県外からの参加者も多いのだろうと実感しました。

私達が、かずちゃんとお会いするのは二度目ですが、かずちゃんは、地元佐賀県以外の大会に出場することが大好きとのこと。
「喋ったことのない人と喋ることが好き。大会に出て、話せる人が増えると嬉しい!」と話していました。

インタビューしている間にも、かずちゃんは、たくさんの選手と話をしていました。
いろんな大会に出場することで、顔見知りになった選手もいるようで、今回の感想を語り合っていました。

スポーツを楽しむだけでなく、仲間も増やせる。
これも、マラソン大会を含め、様々なスポーツ大会の魅力ですね。

かずちゃんが、総合1位、2位の選手も紹介してくださり、入賞選手の写真を撮影させていただきました!!
アスリートが勢ぞろいの、とても貴重なショットです!!

左から、右ちゃん(総合1位)、甲斐さん(総合2位)、かずちゃん(総合3位)です。

みなさん、入賞、おめでとうございます!
そして、写真にも快くご協力いただき、ありがとうございました。

右ちゃんとも、少しお話をさせていただいたところ、なんと、右ちゃんも、私達も出場していた、かどがわ健康ロードレース大会に出場されていたことが発覚!この事実に、みんなで驚きました。
(プチ情報ですが、右ちゃんは、左利きだそうです。「左利きだけど、右ちゃんです!」と自己紹介してくださりました。そういえば、写真写りでも左側ですね。それでも、右ちゃんです(*^^*))

因みに、メダルは杉の木でできていて、とても可愛らしいメダルです◎

参加賞は、きれいなブルーで、かわいいデザインのTシャツです★
※写真は、改めてアップします。今しばらくお待ちください。

お弁当は、諸塚村の特産品がたくさんつまっておりました☆
(すみません…。体を張って大会の魅力を伝え隊、レポート隊員の私としたことが…。食欲が勝り…お弁当の写真を撮るのを失念しておりました(/ _ ; ))
とても美味しく完食したのは、言うまでもありません(ニヤリ)

今回、私は、初のクロスカントリーで、未知の世界にドキドキしましたが、クロスカントリーの競技と、コースを堪能させていたきました。

大会の雰囲気は学びましたので、次回は、1年間トレーニングを重ね、しっかり目標タイムを設定して、挑もうと思います。
(いろんな選手とお話をさせていただき、刺激を受けました!)

記録証を受け取った後、事務局の中本様に無事、完走できたことを報告することができました。
その時に、「楽しかったです!皆に大会の魅力を伝え、今度はもっと仲間を誘って、参加したいです。」とお話ししたところ、「会場のすぐ近くには、キャンプ場、コテージなど宿泊地があるので、みんなで前泊できるのもいいですよ!」と教えていただきました。

なるほど!その手がありましたか!

諸塚村の風景は、木々の緑がきれいで、鮮やかな水色の空を普段よりも近く感じることができ、本当に美しいのです。
日頃の疲れなどを吹っ飛ばしてもらえるような、そんなイメージ。本当に癒しです。
大会前日、大会当日と諸塚村を堪能するのもいいですね!
昨年は自然条件が重なり、雲海の神秘的な景色に出会うことができたそうです。私も、いつか、自分の目で雲海を見てみたいです。

大会会場を後にして、山の上の展望台へ立ち寄りました。
諸塚村の大自然を360度見渡せる最高な場所です。
皆さんにも、素敵な景色をお届けします。

今回、インタビュー、写真にご協力いただいた、かずちゃん、右ちゃん、甲斐さん、本当にありがとうございました。

大会事務局のみなさん、選手のみなさん、応援のみなさん、本当にお疲れ様でした。本当にありがとうございました。

さて、次の大会は何かなぁ~(^^)

これからも、引き続き、いろんなところで、様々な魅力を発信し続けていきますので、ぜひまた、このサイトにも足を運んでください~!!
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

PS 北浦さくらマラソン大会宮崎シーガイアジョギング・ユニファイド大会に引き続き、私と、あさよし所長は、今回も抽選は、見事に外れました\(^O^)/ 世の中、そんなに甘くないようです(笑)

取材:あさよし Keiko/記事:Keiko

主催者インタビューはこちら

参加された方、応援に行かれた方、参加してみたい方、ぜひ、口コミへメッセージを!
口コミへ