【参加レポ】第32回 青島太平洋マラソン2018

  • 公開日:2018.12.18 0

2018年12月9日(日)宮崎県宮崎市で【第32回 青島太平洋マラソン2018】が開催されました。

大会情報はこちら

当日(12/9)の天気は曇り(最高気温8.9℃ 最低気温5.8℃)

南国宮崎らしからぬ寒さの中、スポエンから14名(フルマラソン:4名、10km:7名、3km:3名)が張り切って参加してきました!

それでは種目別にレポートします。

 

▼フルマラソン参加レポート

~ ベテランスタッフ・なるみがレポートします ~

 

前日受付から参加してこその青太!ということで、行ってきました。
受付は高校生ボランティアの方が沢山いて若々しい元気のいい挨拶と激励を受け、ハイタッチ!前日からテンションMAXです。

  

メインステージではランニングクリニックが開催され、
フルマラソン前日の食事や準備について分かりやすい説明が行われてました。やる気がみなぎります。

~フルマラソン当日~

フルマラソンは午前9時スタート。スタート整列はブロック分けされており、ワタシはA・・B・・C・・D・・E・・・・F!
Fブロックです!号砲が鳴って恐らく7分ぐらい経過したでしょうか。無事スタートラインを越えることができました。
最初の関門がホントの関門になりそうです。。

関門1.2km地点(運動公園入口) 9:25

いよいよ国道を走ります。ランナーを一望できる光景はいつ見ても圧巻です。

10.1km地点(源藤交差点) 10:31
さて、10kmの関門を無事に越え、市街地も見え始めたところで反対車線からすごいスピードのランナーが駆けていってます。
えーと。。折り返してここまでくるということはー・・22、3km地点ですよね。。
わたしが10km走る間に倍以上走ってるということですか!?凄い!

市街地が見えてきました。給水所では宮崎名物の日向夏が支給されてました。疲れも吹っ飛びました。

青太フルマラソンに参加経験のある方は、給水所の支給品で印象に残っているものの中で、
キュウリを思い浮かべる方も多いかと思います。実際の写真はないですが、キュウリのPRの様子です。
キュウリの水分と絶妙な塩加減で疲れが吹っ飛びました。

26km地点 普段交通案内などで使われている県警の電光掲示板も青太仕様!テンションが上がります。

  
後半戦に入り、ようやくスタート会場のサンマリンスタジアムが見えてきました。


あと10km!頑張るぞ!

今までの国道とはコースも変わり、トロピカルロードという南国宮崎にふさわしい通りを直進していくと、縁結びにご利益があるとのことで有名な青島神社(のある島)が見えてきます。
体力的にも肉体的にも限界が近い中、元気とやる気を起こさせてくれた存在が、たくさんの沿道の声援とボランティアスタッフの皆様の激励とハイタッチでした!


みるみる元気が出て、30キロ以上走っている状況下で、キロあたりのペースを6分15秒ぐらいで数キロ走ることが出来ました。
皆様に感謝感謝です。

スタート時点からはぐれていたスポエンスタッフも足が痛いと言いながらも元気に走ってました。

ひたすら並木通りを走り続け、いよいよゴール直前。最後のコーナーを曲がって見えるスタジアムの何と神々しいこと・・・

無事にゴールできました!6時間付近を目標タイムにしていたスポエンスタッフ2人も時を同じくして無事ゴール!
完走者のみに与えられる「フィニッシャーズタオル」ゲットです。

2日間にわたって青太を満喫しました。コース、沿道の声援、ボランティアスタッフの激励、どれも申し分ない最高の時間を楽しむことが出来ました。
大会に関わられた皆様、お疲れ様でした!

 

▼10km参加レポート

~ ベテランスタッフ・ふみがレポートします ~

 

スタート10分前。

結構スタートラインが近い位置に並べました。

寒いためか、例年より長袖のランナーが多い気がします。

皆さんとても楽しそうです!ワクワクしてきました。

 

9時30分、いよいよスタート!

サンマリンスタジアム宮崎の外周~しばらくは運動公園内を走ります。

 

2km地点で早くも給水所が!

初心者ランナーにつき、もちろん有難くいただきます。

 

宮崎名産の日向夏、みずみずしくて甘酸っぱくて本当においしい!

立ち止まってずっと食べていたい・・・。

 

このほか、ミカン、バナナ、あんパンなど種類が豊富です。

まだまだ序盤のため、食べるのをぐっと我慢しました。

ほかのスポエンスタッフはしっかり食べたとか・・・すごい。

 

さらに1kmほど走り進めると、やっと海が見えてきました。

視界が一気に広がります!

あいにくの曇りですが、カラダも温まってきて海風が気持ち良い!!

俄然楽しくなってきました。

 

黄色いTシャツを着用されている方が目立ちますが、参加賞のTシャツです。

前面に配されている大会ロゴがややパンクっぽいデザイン!

 

もうすぐ折り返し地点!

 

高校生ボランティアのみなさんとふれ合うスポエンスタッフ。

 

折り返し地点のトロピカルロードからは、宮崎の名所である青島が間近に望めます。

 

高校生ボランティアの元気な声援に圧倒されつつ、サーファーを横目にビーチを走ります。

海とランナー&サーファーを1枚に収めようとスマホを構えましたが、うまく撮れませんでした・・・。

 

この眺めが大好きで毎年参加しています。VIVAトロピカルロード!

 

いよいよコースも後半。

楽しいトロピカルロードから、いよいよ運動公園内に戻っていきます。

往路で登場した給水所で日向夏を頬張り、ゴールまで残り2kmラストスパート。

 

全然余裕そうに見える(最後の力を振り絞った)残り1kmのスポエンスタッフたち。

 

ようやくゴールのサンマリンスタジアム宮崎が見えてきました!

スポエンスタッフ、歩いているわけでも止まっているわけでもありません。

ちゃんと走ってます!

 

サンマリンスタジアム宮崎の外周を走り終え、全員無事ゴール!

元気な高校生ボランティアに優しく「フィニッシャーズタオル(フルマラソンとは異なるデザイン!)」をかけてもらえます。

若いって素晴らしい。

 

完走後に記録証と共にいただける「完走メロンパン」。

マンゴー風味でホイップクリーム入り、きっと高カロリー。

味わう間もなく、ペロリと食べました。

 

徐々にスポエンスタッフが戻ってきました。

サザエさんのヘア&メイクが崩れていません。驚きです。

 

みんな戻ったところで記念撮影、一部怪しいですが寒いだけです。

 

とても楽しく、みんなでリフレッシュできた大会でした。

参加されたランナー、ボランティア、応援の皆さん、寒空の中お疲れさまでした!!

 

▼3km参加レポート

~ 新人スタッフ・おばまいがレポートします ~

 

今回、青島太平洋マラソンの3kmに参加させていただきました。

私自身、今回が初めてのマラソン大会への参加だったので、前日は「無事走りきることができるのか・・!」とドキドキしていました。

 

しかし、そんな不安もフルマラソンのスタートを見た後は、無くなってしまっていました。

肌を切るような冷たい風の中、本当にたくさんの方が生き生きとした表情で目の前を走っていくのを見ながら、「自分もこの人達と同じ、この大会のランナーの一人なのだな」と無性に感銘を受けたからです。

 

3kmは一番最後のスタートでした。

参加者は小さな子供から年配の方まで、幅広い年代の方が揃っていました。

一斉スタートした後、両サイドで応援の声をかけてくれる方々の間を通り過ぎながら、木々に囲まれたコースを抜けていきます。

後半に入っても、ゴール直前までずっとボランティアの方々が一定の間隔に立ち、道沿いにランナー達を応援してくれており、とても印象に残っています。

私もそんな暖かい声援に励まされ、3kmを完走することができました!

 

今回、多くの貴重な経験をさせてもらいましたが、何より、完走できた達成感と喜びはこんなにも大きなものなのだな、と自分自身で驚きました。

きっと、走ったランナーの方達も、それぞれの特別な思いを感じているのではないかなと思います。

また、今度はもっと自己タイムを伸ばせるように練習をして、参加をしたいです!

 


取材・記事:なるみ(フルマラソン)/ふみ(10km)/おばまい(3km)

主催者インタビューはこちら

参加された方、応援に行かれた方、参加してみたい方、ぜひ、口コミへメッセージを!
口コミへ