記紀編纂1300年記念 天走行輪 ~てんそうこうりん~ 第6回 ヒルクライム高千穂天岩戸大会2018 – 大会の魅力 –

  • 公開日:2018.4.6 0

4月6日 ヒルクライム高千穂大会実行委員会へお伺いし、
ご担当 高千穂観光協会 佐藤様、工藤様、そして、高千穂自転車チーム「縁(えにし)」で活動されているサイクリストの佐藤公彦様へ、大会の魅力をたっぷりお聞きしてきました。

大会情報はこちら

高千穂観光協会の佐藤様とサイクリストの佐藤様です。大会について、熱く語っていただきました。
(高千穂は「佐藤さん」が多いそうです)

プレ大会を含めて、今年で7回目となる ヒルクライム高千穂天岩戸大会。
本日は、宮崎県西臼杵支庁の方々と一緒に、コース内でバイク走行に危険な箇所がないかを調査されるということで、わたしも一緒に同行させていただきました。
総走行距離 22.8kmのフルコースを車で走行。
山間をカーブしながらの緩やかな上り坂がひたすら続きます。
右手には世界農業遺産となる緑豊かな山々、棚田が、、。
この景色を見たさに、たくさんの方にご参加いただいているそうです。
また、サイクリスト佐藤様曰く、この緩やかな坂をどう攻略するかが、いかに速く走るかがタイムに大きく影響するのだとか。
力の配分が大事とおっしゃっていました。

コース半ば、下り坂が出現!ひとときのオアシスです。
このまま下り坂が続くと思いきや、、上り坂に戻ります。

後半、緩やかだったはずの上り坂が急な上り坂に変身!名称『根性の見せ所坂』(こちらはわたしが勝手に命名させていただきました)
坂を上り切って尾平越トンネル前へ。ゴールです。
自分との闘いに勝った選手の皆さんは、この達成感が最高に快感なんだと感じました。

2017年度の大会の様子です。

スタートを待つ選手の皆さん

スタート直後のゆるい上り坂(2017年大会の模様)

スタートから緩やかな上り坂です

自分との闘い、根性です

高千穂ならではのゲート、鳥居です

高千穂ならではのゲート、鳥居です

また、高千穂へのこだわりも半端ありません。
上記の鳥居は勿論のこと、参加賞は高千穂の杉でできたキーホルダーです。

このキーホルダーに描かれている絵、分かりますか?
そう、自転車のパーツなんです。そして外枠はギアの形になっています。
第1回目から続けており、2015年はペダル、2016年は車輪、2017年はサドルです。
今年は何の絵かは参加してからのお楽しみ。
参加賞を集めて、自転車を作り上げるのも大会参加の楽しみのひとつです。

また、入賞者への盾、優勝者へのトロフィーも高千穂の杉でできています。
今大会で贈呈する作成中の盾、トロフィーを見せていただきました。

盾です。何の形か分かりますか?そう、ギアです。
立てるだけではなく、壁にかけることもできる、インテリアにもなり、おしゃれです。

杉のトロフィー。初めて見ました。高千穂ならではです。

こちらを作っているのは株式会社マルサン 祖母工房 木下様(ピザ・アップルパイ作り、ギターがとっても上手)です。
かわいい木製加工品が店内に所狭しと並んでいます。
高千穂へお越しの際は是非、お立ち寄りください。

また、優勝者には、神楽酒造さんで作られた芋焼酎「天孫降臨」を、大会名にちなんだ「天走降臨」ラベルでの贈呈となるそうです。

大会開催当初は参加者が100名ほど、参加人数が少なく、寂しくて、地元の高校生に「ママチャリでいいから」と参加をお願いされていたそうですが、今や宮崎県内は勿論のこと、熊本、福岡、またまた関東方面からの参加者も増えました。

高千穂観光協会 佐藤様はおっしゃいます。
地元の方の協力があるからこそ成り立っている大会です。大会のコースは生活圏の道路。
大会中1時間半は全く道路が使えないのですが、快く承知いただくばかりでなく、沿道から選手の皆さんへ声援を送ってくれます。
また、出走後に振る舞われるカレーは、地元婦人会の方々のお手製。
ボリュームたっぷりでとても美味しいと評判です。高千穂で収穫されたトマトも絶品です。
表彰式のファンファーレは生演奏。地元の中学、高校の吹奏楽部の皆さんの演奏です。
大会に携わる高千穂住民の温かさを十分に感じてもらう大会、それが大会の一番の魅力です。と。

本日、お会いした実行委員会の皆様は本当に温かく優しい方々ばかり。
皆様が運営されるのですから、大会が温かくないわけがありません。
『神話と伝説のまち』そして『温かいおもてなしのまち』で開催されるヒルクライム高千穂天岩戸大会へ、是非、参加されてみませんか。

エントリーはこちら

<プチ情報>

お昼ご飯は高千穂観光協会が営業している「食事処 高千穂 五穀」で神楽うどんをいただきました。
甘い味付け、鶏肉・ごぼう入りの、とても美味しいうどんです。
店内は木のぬくもりがあり、従業員の方も温かくステキな笑顔で迎えてくれました。
とても満足してお店を後にしました。ごちそうさまでした。
ありがとうございました。

こちらの柚子こしょうは、高千穂観光協会 佐藤様のオススメの一品。甘いうどんがピリッとしまります。

取材/作:あさよし

参加された方、応援に行かれた方、参加してみたい方、ぜひ、口コミへメッセージを!
口コミへ