第33回 かどがわ健康ロードレース大会 -大会の魅力2019-

  • 公開日:2019.1.25 0

今年で開催33回目を迎えるかどがわ健康ロードレース大会。
海浜公園から海沿いを走る小学校6年生が描いた壁画を横目に、長い長い坂を上っていくと、美しい桜がランナーを励ましてくれます。
参加料もお手頃で、どなたでも参加しやすい優しい大会。
今年も、担当 門川町教育委員会 社会教育課 松井様へ、大会の魅力をたっぷりお聞きしてきました。

エントリーはこちら
クチコミへ
第32回大会 主催者インタビュー
第32回大会 参加レポ

大会の様子をご案内します

スタートしました。

海を見ながらのランニング。

この絵は8年間堤防に描かれたままとなります。

子供たちが20歳になった成人式で、その時の小学校6年生が「次に私たちの絵を描かせてください」
と先輩たちへメッセージを送り、絵が描き変わります。

長い坂を上れば美しい桜がランナーを励ましてくれます。

門川町のゆるキャラ、「かどっぴー&がわっぴー」が会場を盛り上げます。

振る舞いの「鱧だしうどん」は絶品!心も体もあたたまります。

松井様からのメッセージ

担当 松井様が最高の笑顔でランナーを出迎えます。

大会へ参加いただいた皆さんが、景色が良い、うどんが美味しいなどと満足いただき、気持ちよく帰っていただけることが一番の喜びです。
また、毎年参加いただくリビーターさんも年々増えていることも、喜びの一つです。
「大会でよう走らんけど、ボランティアで協力するわ」と、毎年、一般のボランティアの方にも協力いただき、町全体で作り上げる大会となりました。

10kmの上り坂はきついですが、気持ちで乗り切ってください!
その後の下り坂は、気持ちよく走れる事、間違いなしです。
とにかく一度、気軽に、散歩するような気持ちで参加してください。
きっと、来年も走りたくなるはずです。

大会終了後は、ココロとカラダと人にやさしい『かどがわ温泉心の杜』でゆったりと。
疲れた体を癒してください。

温泉のあとは、『遠見山森林公園』で、1000本もの桜並木を見ながらお散歩。
山頂に位置する展望台からは、遠見山360度の迫力ある風景を楽しむ事ができます。

直売所で門川町の特産品をご賞味。お土産にも是非!

人気のちりめん、ご飯にかけて食べると最高です!

カルシウム豊富な干物。

高糖度トマト。甘いです。

牧山みかん。甘いです。

イチマル水産、みずなが水産にも、是非、お立ち寄りください。

かどがわ町の魅力

かどがわ町には、まだまだたくさんの魅力がたくさん!

『かどがわ納涼花火大会』
8月下旬に、門川漁港/庵川漁港(交互)で開催される花火大会は、県内で打ち上げられるものの中では最も大きい一尺玉が!!(会場:門川漁港のみ)
4,000発の花火が夜空を彩り、海面に映る花火の様子は絶景です。

『勝蓮寺の天井画』
上井野にある勝蓮寺本堂の天井には、江戸時代末期に延岡藩の御用絵師として知られていた岡部南圃(おかべなんぽ)が描いた、写実的で色鮮やかな草花の板絵が約200枚余り張られています。

———————————————

松井様、たくさんのお話を聞かせていただきありがとうございました。

種目は、3km、10km、2km、5km、1kmジョギング、毎年、素晴らしい天候に恵まれており、気持ちよく走ることのできる大会です。是非、魅力あふれる門川町へお越しください。

エントリーはこちら
クチコミへ
第32回大会 主催者インタビュー
第32回大会 参加レポ

取材/作:あさよし